簡易サンドブラストのススメ

バイク

NC31のキャブの細かい所の汚れが何をやっても綺麗にならないので・・

以前からレストアの悩みがアルミや細かい手が入らないところを綺麗にしたくて、思い切ってサンドブラストしてみました。次回はウエットサンドブラストにしてみる予定です。



 

mirumiru
mirumiru

古いバイクをお持ちの方なら誰しもやりたいと思っている”サンドブラスト”です。今回は砕石の薄くなった庭で砂を撒き散らしながらやってみました。激安”サンドブラストガン”1110円 珪砂6号 630円 です。砂袋に吸い込み口をぶっさすだけでブラストできました。フルフェイスかぶって砂まみれになります。バイクの砂飛ばしや洗車も大変ですが…いままで手が入らなかった箇所が綺麗になるのでオススメです。 ただし田舎の家に限りますが!次は少し艶が出るらしい?水を混ぜてウエットブラストに挑戦します

 

満足度・★★★

制作料金・2000円程度 ※インナー・フォークオイル・シールなど

 CB400SF 初代NC31のカスタムです。

当時のブログ記事です・・CB400SFも初期型のNC31は相当年数も経つので、少し古めかしい感じになってきました。スパーフォア自体も生産台数が多くCBXのような稀少価値もつかないので??今回は思い切って新しい感じにチェンジました。
REVOあたりのテールなら似合いそうだし?それほどお金を掛けずに新しめのマシンにチェンジした気分が味わえそうです。たぶんぱっと目はオーナーでないとわからないのではないか?と思います。切った貼ったのカスタムですが、予定とおりできました。フェンダーレスも自作です。オーナーさんは写真を見ればそのカスタムがわかるのではないでしょうか?これでまだまだ現役のCB400SFで楽しめそうですよ~♪

シルバーからゴールドインナーでかっこ良かっイイです。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました